WiMAX2とWiMAXの大きな違いは?

WiMAX2は帯域制限無しで下りの最大通信速度が110Mbpsを実現しているモバイルインターネット回線です。

WiMAX2のメリットは帯域制限を気にせずに使えることですが、将来的には月7GBの帯域制限を設ける事が検討されています。 WiMAX2のデメリットはエリアの狭さです。

現在基地局は全国に増設している最中ですが、WiMAX2に対応していないエリアはまだまだ多いです。

モバイルルーターはWiMAX2だけでなく、WiMAXやLTEへの切り替えが出来るようになっており、基本的に通信制限が行われませんが、LTEのモードでは帯域制限が設けられており、制限を超えると大幅に速度制限されます。

速度制限されると、テキストベースのサイトの表示には違和感がありませんが、画像の多いサイトでは読み込みに時間が掛かるのでストレスを感じる人もいるでしょう。 WiMAX2でも将来的に同様の速度制限が行われるので、同じような現象が起こります。

WiMAX2の通信制限はどうなるのか?

WiMAX2は帯域制限無しで下りの最大通信速度が110Mbpsを実現しているモバイルインターネット回線です。

WiMAX2のメリットは帯域制限を気にせずに使えることですが、将来的には月7GBの帯域制限を設ける事が検討されています。

現在基地局は全国に増設している最中ですが、WiMAX2に対応していないエリアはまだまだ多いです。 モバイルルーターはWiMAX2だけでなく、WiMAXやLTEへの切り替えが出来るようになっており、基本的に通信制限が行われませんが、LTEのモードでは帯域制限が設けられており、制限を超えると大幅に速度制限されます。

速度制限されると、テキストベースのサイトの表示には違和感がありませんが、画像の多いサイトでは読み込みに時間が掛かるのでストレスを感じる人もいるでしょう。

WiMAX2でも将来的に同様の速度制限が行われるので、同じような現象が起こります。

WiMAX2の通信速度はどれぐらい

まだ登場して日が浅いWiMAX2は高速なモバイルインターネット回線です。
WiMAX2の通信速度は下り最大110Mbpsであり、携帯電話会社が提供しているLTEによるモバイルインターネット回線と同レベルの性能を誇っています。

WiMAX2最大の魅力は、LTEのような月7GBの帯域制限が行われていないことです。 動画を頻繁に観る人やネットで大容量のデータのやり取りを行う人にとっては帯域制限が無いという事は重要なポイントとなってきます。

通信速度の速さも近年では大切なポイントであり、高機能化されたWebサイトを表示するのにも通信速度が速いとスムーズに表示されるので、ストレスを感じなくなります。

タブレット端末やスマートフォンを使っているとアプリをダウンロードしたり、アップデータをダウンロードして更新を適用したりと頻繁に大きな容量のデータをダウンロードするので、通信速度が高速な方が良いのです。WiMAX2はいつでもどこでもインターネット環境を構築するのに重宝するサービスです。

WiMAX2の体感速度は本当に速い?

WiMAX2はモバイルインターネットのサービスの中でも、特にインターネットの通信速度が速めです。理論値が素晴らしく、モバイルインターネットとしても、普通の家庭用のインターネット環境としても、十分な速度になります。

モバイルインターネットだと実際の体感速度が遅めなケースも多いですが、しかしWiMAX2の場合は体感速度も速いです。タブレットパソコンやスマートフォンなどの様々なモバイルコンピューター端末を、専用のモバイル通信機器で繋げば、外にいる時でも高速のインターネットが可能です。

理論値通りのインターネットの通信速度が出ることがなくても、通常のインターネット利用では十分な速度が出ます。WiMAX2は通信速度も速く、モバイル通信機器を通じて複数の端末をインターネットに繋げることも出来ます。

タブレットもスマートフォンも、携帯型のゲーム機でも、快適にインターネットに接続できます。複数端末を繋いでも快適な体感速度です。
参考:他サービスと比べると→ワイモバイル WiMAXの違い

WiMAX2の首都圏と地方の利用状況の違いは

通信に関する機器は、改良が重ねられてきていて、現在では快適な通信を行うことが可能になっています。従来は、首都圏から離れてしまうと、なかなか接続することができないなど、トラブルが目立っていて、利用する人が少なかったものですが、現在では次第に利用可能な地域が拡大されるようになってきました。

特にWiMAX2という機器を利用する人が多くなっています。WiMAX2は、優れた品質を持っている通信機器の1つで、プライベートで使用されているだけでなく、ビジネスの現場でも頻繁に使用されている機器です。首都圏で利用している人は以前から大勢いましたが、徐々に地方にも浸透するようになっています。

現在の時点では、首都圏と地方とで利用状況が大きく異なっているのですが、利用状況の違いは徐々に小さくなっています。地方でも快適な使用をすることが可能になってきているため、地方でのビジネスにも役立てようとする動きが出ています。

WiMAX2のプロバイダの選び方

WiMAX2のサービスを提供しているプロバイダは複数ありますが、大元のUQ WiMAX以外のプロバイダと契約した場合でも、回線等はUQ WiMAXのインフラを利用するため、スピードや利用できるエリアなどの回線周りに差がでるわけではありません。

ただし、月額料金やキャンペーンなどが異なるため、選び方によっては金額に大きな差が出てきます。 WiMAX2のプロバイダを選ぶポイントとしては、まず、各プロバイダのキャンペーン内容を詳しく見てみることがキーポイントとなります。

たとえばBIGLOBEはキャッシュバックに加えて2年契約でKindleをプレゼント、@niftyもキャッシュバックのキャンペーンを行っています。自分に合ったキャンペーンがどれか、比較検討することが重要です。

その上で、最低利用期間を過ぎた際の利用料金の合計を確認して、かかる金額を比較します。なお、最後のポイントとして、実績のある、大手のプロバイダを選ぶことも重要なポイントとなります。

WiMAX2のプロバイダ選びやどこで申し込んだらどういうメリットがあるかなどはこのサイトで紹介されています。WiMAX 店舗とWEB申し込みの違い  

3WiMAX speed wifi+auとはどういうサービス?

<WiMAX speed wifi +auについて> WiMAX speed wifi +auは全国に点在するau利用可能ポイントで、使用することができます。広域にわたり使用でき、とても便利です。仕組みとしてはWiMAXエリアを利用しての使用となり、WiMAXエリア外ではauエリアを利用して使用することが可能です。 <WiMAX speed wifi +auの特徴> WiMAX speed wifi +auは3000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、最大6.5時間利用可能です。こうした機器は充電があまりもたないのがネックでしたが、これほど長い時間使用可能であれば、不便を感じることもありませんよね。またその他にはWi-Fi対応機器として、最大5台まで同時接続することができます。WPS対応となっており、ワンタッチで操作ができます。WiMAXの最大速度で下り40Mbps、上り15.4Mbpsと高速度も嬉しいポイントです。 <Wi-Fi WALKERでつながらないエリアはなくなる?> Wi-Fi WALKERの「DATA08W」はWiMAXと3Gの通信環境が両方利用できるというまさに、夢のハイブリッドルーターとなっています。夢のハイブリッドルーターにピッタリな謳い文句は「最強のWiMAX Speed Wi-Fi」です。まさしく最強のハイブリッドルーターは通常利用できるエリアはWiMAXで使用し、利用できないエリアは3Gを活用するというシステムとなっています。 <ゴルフ場やキャンプ場でも使用が可能に> Wi-Fi WALKERはWiMAXと3Gを利用して、ありとあらゆるところで使用できるといっても過言ではありません。例えばゴルフ場やキャンプ場といった場は以前であれば、携帯もあまり使えないといったエリアも少なくありませんでした。こうしたエリア外問題を解決したのが、WiMAXと3Gのコラボです。仕事で多忙なお父さんも安心してレジャーを楽しむことができます。 <auエリアで利用可能な付加価値> Wi-Fi WALKERはauエリアで利用可能となっています。都市部は問題ありませんが、地方は電波が思わしくないところも少なくなかったことから、広域に配置されているauの電波を利用し、さらに強力なエリア体制を築くことによって地方出張やプライベートの場でも安心して行動ができるといったメリットがあります。料金は若干高くなりますが、それ以上に価値があると評判です。 <具体的な仕組み> Wi-Fi WALKERのWiMAXと3Gは下記のような仕組みで使用できます。 ・ WiMAXで使用可能なエリア 都市部や自宅 ・ 3G で使用可能なエリア 地方都市や郊外のアウトドア施設など このようにauで利用可能なエリアを3Gでカバーすることによって、より使い勝手がよくなりました。まさしく現代にマッチした商品となっています。

WiMAX2対応のルーター

私は、外出先でスマートフォンを使ってインターネットに接続するときは、Wi-FIルーターを使ってインターネットに接続しています。 パケット代を節約するためにWi-Fiルーターを使っているんですが、Wi-Fiルーターにはすごく不満があるんです。 そんなWi-Fiルーターに不満を持っていた私が見つけたのが、「Wi-Fi WALKER HWD14」です。 このWi-Fi WALKER HWD14を見つけたときには、すぐにこのWi\Fiルーターを購入することに決めましたよ。 どうしてこのWi-Fi WALKER HWD14を購入したかというと、クイックアクセス機能が便利だと思ったからです。 外出先でインターネットを使いたいと思うときには、すぐにスマートフォンを操作して使いたいですよね。 Wi-Fiでインターネットに接続しようとすると、Wi-Fiルーターの電源が入るまで待たなければいけなくて、すぐにインターネットを使うことができず、いままでのWi-Fiルーターにはすごく不満を感じていたんですよ、 でもWi-Fi WALKER HWD14なら、電源を入れたら操作する必要もなく5秒でインターネットを使うことができるし、鞄の中から取り出す必要もないので、Wi-Fiルーターを置く場所も必要ないんです。 いままで使っていたWi-FiルーターからWi-Fi WALKER HWD14に変えて、いままで感じていた不満もなくなってすごく便利になりました。 s

最新情報

2014年7月31日
未分類
自宅のインターネット環境をWiMAX2で一本化するメリット
単身世帯等で、インターネットを利用する人が一人だけの場合にはインターネット回線をモバイル回線に一本化することが・・・
2014年7月31日
未分類
WiMAX2とWiMAXでの動画再生でわかる違い
インターネットに接続する環境というのは、近年大きく進歩しています。ISDNやADSLを経て、最近は光回線などが・・・
2014年7月31日
未分類
WiMAX2とWiMAXでのオンラインゲームでわかる違い
インターネットを通じて沢山のユーザーたちと共通のゲームで遊ぶ、オンラインゲームで遊ぶのなら、WiMAX2を選ぶ・・・
2014年7月31日
未分類
WiMAX2+で申し込むならLTEアリ・ナシどちらがお得か
WiMAX2+で申し込む場合、LTEを利用すると毎月1000円が余分に加算されます。ただ、これは機能をオンにし・・・

自宅のインターネット環境をWiMAX2で一本化するメリット

単身世帯等で、インターネットを利用する人が一人だけの場合にはインターネット回線をモバイル回線に一本化することが・・・

WiMAX2とWiMAXでの動画再生でわかる違い

インターネットに接続する環境というのは、近年大きく進歩しています。ISDNやADSLを経て、最近は光回線などが・・・

WiMAX2とWiMAXでのオンラインゲームでわかる違い

インターネットを通じて沢山のユーザーたちと共通のゲームで遊ぶ、オンラインゲームで遊ぶのなら、WiMAX2を選ぶ・・・

WiMAX2+で申し込むならLTEアリ・ナシどちらがお得か

WiMAX2+で申し込む場合、LTEを利用すると毎月1000円が余分に加算されます。ただ、これは機能をオンにし・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ